トップ / 水素水ダイエットの注意点

簡単に痩せたいなら水素水

水素水ダイエットの注意点

ダイエットで飲む水素水の注意点

ダイエット目的で水素水を飲むなら、いくつか注意点があります。まず水素はとても壊れやすいので、何かと混ぜるのはお勧めできません。料理に使ったり、お茶やジュースに加えても、ほとんど効果は期待できないでしょう。あくまでも、そのまま飲むのが正しい摂り方です。

ダイエットに効果があるからと大量に飲んでも、一度に活性酸素と結びつく量は限られています。使われなかった水素は呼吸や尿となって体外に排出されますが、コストを考えるともったいないでしょう。水素水に限らず、水の飲み過ぎは腎臓に負担をかけ、むくみの原因にもなります。こまめに少量ずつ飲むのが理想です。

ダイエットを意識するなら、水素水の温度にもこだわりたいものです。基本は常温ですが、慣れないうちは飲みづらいかもしれません。だからと言って冷たくし過ぎると、飲んだ途端に体を冷やしてしまいます。冷えは基礎代謝を下げて、体のめぐりを滞らせるのでダイエットの妨げになります。冷蔵庫に入れておいた水素水は飲む前に、室温に戻しておきたいところです。

どうしても冷たい状態で水素水を飲みたい時は、入浴中や入浴後など体が温まっている状態が良いでしょう。一旦水素水で冷えた体が、お風呂の温度で再び温まる時に、代謝が高まるという考え方もあります。温かい場所で温かい服装で飲むのも、極度の冷えを防いでくれます。

温めて飲むなら、40℃くらいを目安にパッケージのまま湯煎します。60℃以上になると水素は蒸発するので、火加減には注意しましょう。そのため、ダイエットに効果があると言われる「白湯」のような飲み方はできません。逆に凍らせる分には水素は逃げないので、暑い夏に外へ持ち出して、溶けてから飲むことができます。