トップ / ダイエットのための水素水にはどんな種類があるか

簡単に痩せたいなら水素水

ダイエットのための水素水にはどんな種類があるか

ダイエットに飲む水素水の種類

水素水を入手するには、あらかじめ出来上がっているものを購入するのと、自分で作る方法があります。前者はアルミパウチの容器が主流です。出始めの頃はペットボトルの水素水もありましたが、水素は分子のサイズが小さいため、ペットボトルの素材を通り抜けてしまいます。アルミ製のボトルは飲み口が広くて水素が逃げやすいのが難点です。

その点、アルミパウチは多重構造になって水素水が密閉されるので、水素が逃げる心配はありません。開封後も保存する時に空気を抜けば、水素が極端に減るのを防げます。原料に名水と呼ばれる天然水を使っている場合が多いので、味が良いという魅力もあります。

ただし、アルミパウチの水素水は200ミリリットル1パックで300円前後します。ダイエットのために十分な量を継続して摂るには金銭面での負担が大きいかもしれません。自分で水素水を作れば買うよりも割安になり、気兼ねなくたっぷり飲めます。

例えば「水素スティック」はマグネシウムを含み、水と化学反応を起こして水素を発生させます。スティック1本あたりの値段は安価なもので3,000円前後。毎日500ミリリットルの水素水を3ヶ月作れます。

一方でスティックは衛生管理やメンテナンスなどの手間が発生する場合もあります。体質によっては、溶け出したマグネシウムの過剰摂取で下痢になる可能性もあるので注意が必要です。

飲み水をすべて水素水にしたい!家族でたっぷり飲みたい場合は、水素水を生成するウォーターサーバーの導入を検討してみましょう。価格は安いもので3万円台から。高いものは15万円ほどしますが、長い目で見ると他の方法よりは安上りです。最近ではレンタルも増えており、初期費用が抑えられてサポートも充実しているというメリットがあります。