トップ / ダイエットのため水素水摂取方法

簡単に痩せたいなら水素水

ダイエットのため水素水摂取方法

ダイエットのための水素水飲み方

ダイエット目的で水素水を摂取するなら、銘柄選びや飲み方、タイミングが重要です。そもそも水素水とは、通常よりも水素を多く含んだ水で、正式名称は「水素豊富水」と言います。濃度は「ppm」という単位で、100万分の何%くらい水素が含まれているかを表しています。0.08ppm以上あれば「水素水」と名乗れるのです。

確かに高濃度であるほど、より多くのミトコンドリアを元気にできて、ダイエット効果を期待できるかもしれません。けれども、標準の気圧で溶け込める水素の濃度は約1.6ppmが限界であり、どんなに高濃度でパッケージしても開封すれば急速に逃げてしまいます。まずは効果的と言われる1ppm以上の水素水を選ぶと良いでしょう。

人間が1日に飲料水から摂るべき水分の量は、個人差もありますが約1.7リットルです。ただし、これをすべて水素水に変えるのはコストの面から考えても現実的ではありません。まずは300~500ミリリットル、アルミパウチ1~2パックから始めてみましょう。

ダイエットの妨げになる活性酸素は常に発生しているので、水素水を1日数回に分けて少量ずつ飲むのが理想です。特に飲酒や喫煙、運動や入浴後など、活性酸素が増えやすいタイミングが良いでしょう。アルミパウチなら、保存する時に空気を抜けば水素が逃げにくくなります。

1回で飲み切ってしまうなら朝の起床時がお勧めです。睡眠中の汗で体の水分が減少しているので、より高い浸透力が期待できます。まだ活性酸素が活発化する前に先回りして除去する効果もあります。

過去の研究では水素水を飲み始めて1週間ほどでダイエット効果が現れ、長く続けるほど体脂肪は減少しています。まずは1ヶ月、できれば3ヶ月以上続けてみましょう。